2009年06月26日

Who the Bitch(フーザビッチ)

http://emeets.jp/pc/artist/1063.html

理屈なく楽しい!
こういう一見単純なロックって実は作るの難しいし、センスが必要なのだけど、もう文句なしのセンスが伺えます。

向こうのフェスに普通に出てそうな貫禄ありますね。

どんなライブパフォーマンスをしてるのか興味あります。


[寺岡呼人]
posted by e+ 出れサマ at 17:24| 2009年の協力アーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ostooandell (オストアンデル)

ostooandell (オストアンデル)

http://emeets.jp/pc/artist/1081.html

このループ感が覚醒的に気持ちいい。
またまた沖縄から凄いバンドが出てきた。
僕はたまたま去年古座のライブハウスなどに行ったりしたけど、ostooandellを聴くと、あの70年代の沖縄サイケロックが進化してここに昇華した!って感じがしました。

こんな音楽がどんどんメインストリームに行って欲しいですね。


[寺岡呼人]
posted by e+ 出れサマ at 15:29| 2009年の協力アーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Veni Vidi Vicious(ヴェニヴィディヴィシャス)

http://emeets.jp/pc/artist/1603.html#livehouse_recommendation


彼らみたいなのをロックンロールバンドと呼ぶのだろう。

彼らをカテゴライズするのは野暮な気がします。
かき鳴らすギター、シャウトする瞬間のボーカル、歪んだベース、ドラムのフィル、すべてのセンスが最高に“ロック”で輝いていると思います。確信犯的でいて、危険さも持ち合わせた、久々に見た“格好いい”バンドだと思いました。


[寺岡呼人]
posted by e+ 出れサマ at 14:35| 2009年の協力アーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Half-Life(ハーフライフ) Half-Life(ハーフライフ)

声がいい。あと、歌っているときの顔がいい。歌っているとき、演奏しているときの「様」というのは何かを表現するときにすごく大切だと思う。
他の曲も聴いてみたい。

http://emeets.jp/pc/artist/2139.html


[広沢タダシ]
posted by e+ 出れサマ at 13:03| 2009年の協力アーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

広沢君のレコメンドみて

佐藤歩さん、okapiさんみたら、おっしゃる通り素晴らしいですね。

佐藤さんは何か“もってる”気配を感じます。
“mother earth”って、とても母性がいることだと思いますが、この歌には母性を感じます。

okapiさん
こんな風にギター弾けたら楽しいだろうなぁ。と、ギターを練習したくなります。あとはパフォーマーとしての主張とかそいうのがもっと前面に出てくれば、もっと個性的な人になりそうですね。


[寺岡呼人]
posted by e+ 出れサマ at 13:54| 2009年の協力アーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする