2009年08月12日

8/8のmeets×SUMMER SONIC 09レポート

≪SIDE-SHOW MARINE≫

2日目もスタート。しかしとにかく暑い!


■The Open Reel Ensemble
The Open Reel Ensemble.JPG
ステージ2日目は、今井了介賞を受賞したThe Open Reel Ensembleが最初に登場。「40年前のオープンリールという機械なんですけど」と自己紹介、その後4台のオープンリールを次々とまわしていきます。目前にすると工場のような光景。その場で自在に音をあやつり、まるで実験しているような面白さ!歩く人たちがどんどん足を止めていきます。声やピアニカ、さらにはストリングスの音やメロディが加わって、エレクトロニカであるが無機質でない音楽がかなでられます。おもちゃで遊ぶ子どものような笑顔でオープンリールをあやつっている姿が印象的でした。

そんなThe Open Reel Ensembleのブログ。
http://crabfeet.blogspot.com/


■The Open Reel Ensemble&スティーヴ エトウ
そこへ次の出演者、打楽器奏者スティーヴ エトウさんがドラム缶かかえて登場。コラボレーションの始まりです。
OpenReel&スティーブ.JPG
その場でエトウさんの声をサンプリングしたり、電気的でありながら原始的、とても刺激的な時間でした!


■スティーヴ エトウ
スティーブエトウ.JPG
その後スティーヴ エトウさんの時間がスタート。ドラム缶やチェーン、ホイール、ドリル、バネ、意表を突くモノが次々ステージにあがります。それが楽器に変わり、リズムを生み出していきます。お昼過ぎの時間で子どもさん連れの方も多かったのですが、ステージを目にした子どもたちが夢中になっている様子が印象的でした。老若問わず伝わるってすごいですよね。最後「撤収!」の一言で終了。

そんなスティーヴさんのブログ。いつもユーモアがあふれていて素晴らしいです。
http://ushi.steve.vc/


スティーヴ エトウさんが音楽を担当する舞台
「中国の不思議な役人」は9月からパルコ劇場で。チケット発売中です。
http://okini.eplus.jp/5349/index.html


■へきれき
へきれき.JPG
楽しいサマソニ、二日目の日もそろそろ暮れる頃に岩崎慧賞、磯貝サイモン賞をダブルで受賞したへきれきが登場。爆音の中せつなさがにじむメロディとボーカル、それがちょうど夕暮れ時の空気にぴったりで、あまりのはまり具合に弊社スタッフは思わず涙していました。さっきまでとはまたステージとそのまわりを包む空気が変わります。「2106組の中の16組に残りました。みんなも応援してくれてありがとう!泣きたいけど時間がないから、家に帰ってから泣くよ!」とボーカルumiQ氏が絶叫。じーんときました。

そんなへきれきのブログ。今回のmeetsに関していただいたコメントが泣けます。
http://ameblo.jp/hekikonu/

へきれきの9周年ライブほか、e+で発売中です。
http://okini.eplus.jp/30871/


■世田谷ボーイズ
世田谷ボーイズ.JPG
そして世田谷ボーイズが垂れ幕を持ち、”I (ハート) 世田谷”のTシャツ姿で登場。ミドリカワ書房賞を受賞し「世田谷ボーイズにぞっこん。お友達になりたいです。」というコメントを残させた彼ら。1曲目はなんと「タイムマシーン!」の1フレーズのみ(時間にして数秒)という衝撃。一転2曲目はしっとり歌います。さらに3曲目はお前LOVE、一度見たら忘れられないダンス(詳しくは動画でご確認ください)に観客も盛り上がっておりました。


世田谷ボーイズのブログ。「来年は千葉マリンスタジアムのステージに出ます!」と!
http://setagayaboys.syncl.jp/?p=diarylist


■moja
moja.JPG
いしわたり淳治賞、広沢タダシ賞受賞のmojaがこの日のラスト。セッティング中から続々と観客が集まり始めました。「激情女子ドラムと男子カオスなベース+ボイスの完全人力2ピースバンド」が繰り出す驚きの爆音!激しい!10分の持ち時間をとにかく突っ走ります!観客もまさかのモッシュです!人力二人きりとは思えない凄みが。そしてmeets、ドラムが女子のバンドが多い気がします。

moja出演、SPORTSDAY MEGAPHONE来日公演はこちら
http://eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002031596P0050001P006001P0030001


夜に向かってすっかり興奮度が上がったところでこの日のステージは終了。いよいよ明日は最終日!
posted by e+ 出れサマ at 13:59| 2009年のスタッフ記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする