2009年08月12日

8/7のmeets×SUMMER SONIC 09レポート

終わっちゃいましたサマソニmeets。
当日の模様を、ささやかながらブログでお届けします。


≪SONIC STAGE≫

■Who the Bitch

クリマン賞と寺岡呼人賞をダブル受賞し「本物のロックンロールバンドだ!」と言わしめた3ピースバンドWho the Bitch。サマソニ初日、SONIC STAGEのオープニングアクトをつとめました。ビッグステージの朝一番をハイテンションな演奏と関西弁MCで盛り上げ、これからフェスが始まる!というワクワク感があおられます。お客さんもめちゃくちゃ踊ってました。「デスコ」って書かれた垂れ幕をかかげてのコール&レスポンスが素敵でした。

なんと公式のライブレポートに写真があがっています!すごい!
せっかくなのでそちらでごらんください。
http://www.summersonic.com/09/livereport/0807/sonic/

そんなWho the Bitchが当日の模様を書いたブログ
http://wtb3.jugem.jp/
ステージのこと『でもさ、ほんまにでかかったよね。終わった後に、下に降りて「ほんとにあそこで私演奏したの?」ってパチクリしました。』とありました。

e+で出演の”MONSTER baSH”チケット発売中!
http://okini.eplus.jp/23445/


≪SIDE-SHOW MARINE≫

■musiquo musiqua
musiquo musiqua.JPG
エンタメ市場ステージがいよいよ始まりました!トップはmusiquo musiqua、ポストロックで聴かせる3ピースバンド、ハイトーンボイスがマリンスタジアムの前に響きます。演奏が始まると観客も徐々に集まりはじめました。さすがフェス。


■noid
noid.JPG
この日のためになんと石川県・金沢市からはるばるからやってきた4人”たゆたうストレンジポップバンド”noid。audeioleafからのエントリーで、見事この日の出場権を勝ち取りました。首に巻いた白タオルが意気込みを語りますね。こちらもポストロックで聴かせました。



■DESTROIC
DESTROIC.JPG
阿部義晴賞を受賞、「どんどん自由にやれば良いと思います。」というコメントを得たDESTROIC。女性ツインボーカル、デリ・サリのビジュアルも注目でしたが、この日の衣装がエロい!しかし可愛い。そのあたりのさじ加減が絶妙です。とは言ってもライブパフォーマンスは甘くなくハード、お昼の暑い最中、観客を汗びっしょりで踊らせていました。


■TABASCO
TABASCO.JPG
19歳&19歳&20歳3ピース、ハードな曲をやっててもおのずとさわやかさとか、フレッシュさとか、みずみずしさを形容する単語をすべて並べたくなるバンドTABASCO。若いけど他の出演者に「負けられねー!」と力強く演奏を披露、見ているこちらにもステージを楽しんでいることが伝わってきました。「全部の出演者の中で一番下手だけど、気持ちでは負けません!」「ドラム(=女の子)、可愛いだろー!」というMCがまたみずみずしかったです。

そんなTABASCOのブログ
http://ameblo.jp/tabasco-ba/


■Papersky
Papersky.JPG
初日も日暮れが近づき、ボストンで結成のPaperskyが登場。エンタメ市場meetsもかなりグローバルになっております。会場に響く「Papersky!」の歓声の発音がいい、さすがです。
重低音を響かせ、とばしてました。最前列の女の子たちの盛り上がりがすごかった。はだしで踊ってる人もいましたね。。これから渋谷eggmanでの主催ライブも控えているとのこと、楽しみです。

そんなPaperskyのコメントはこちら。
http://www.paperskymusic.com/


■神聖かまってちゃん
神聖かまってちゃん.JPG
この日のエンタメ市場ステージ、すっかり日もくれた夜、最後に出演したのは神聖かまってちゃん。
「ロックンロールを伝えていけたらいいなと思います」と語り、演奏を始めるとMCの雰囲気が一転、一気にバンドの世界に入っていってしまうのは衝撃的。演奏は1曲だけでしたが、その世界は十分伝わってきました。ちょうど今にも雨が降りそうで(この直後にゲリラ豪雨)、その緊張感とバンドの楽曲がシンクロしたような、不思議なステージ。最後ボーカルの子氏が客席にとびこむ一幕もありました。


大雨がふりはじめ、この日のmeetsステージは終了。翌日に続きます。
posted by e+ 出れサマ at 13:37| 2009年のスタッフ記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする