2009年06月18日

プロフィール

blog_horosawa.jpg


■広沢 タダシ

4歳からピアノを習い始め、8歳で自我と反抗心が芽生え、ピアノを断念。
クラシックギターミュージシャンでもある父親の影響もあり、17歳の時、何気なくギターを手にする。この出会いが、後の<広沢タダシ>を形成することになる。
音楽が身近である環境で育ったこともあり、よりテクニカルな方面への追求を目指し、高校卒業後はPAエンジニアを志すようになるが、・・・・・・・・・・・・・。
20歳で初めてのオリジナル曲を作る。同時に地元大阪でライブ活動をスタート。
1999年、インディーズとしてリリースしたCD「シロイケムリ」が口コミで評判となり、FM802チャートにおいて、インディーズ初の上位ランクインを成し遂げる。
2001年7月、『手のなるほうへ』で、東芝EMIからメジャーデビュー。
オリコン月間パワープレイランキング1位を獲得する。
その後、アルバムを3枚、シングルを6枚リリースする。
また、その音楽センスは多方面のミュージシャンに注目され、作家としても多くのアーティストに楽曲・歌詞を提供している。
2005年8月、【Atomic Monster Records】を立ち上げ、レーベル初作品となる『流れ星が消えるまでに』をリリースする。
現在、ライブを中心に活動する一方、【Atomic Monster Records】の拠点をエイベックス・エンタテインメントtearbridge production に移し、
2006年 5月、avex移籍第1弾シングル『右手に夕焼け 左手に朝焼け』をリリース
2006年 6月、avex移籍第1弾アルバム『869本目のアーチ』をリリース
2006年11月、Single『夢色バス』をリリース
2007年 1月、Single両A面『虹のつづき/桜の絨毯に乗って』をリリース
2007年 4月、Single『夢の中で君が泣いてた』をリリース
2007年 6月、Album『アイヲシル』をリリース
2007年12月、Single『サフランの花火』をライブ会場限定でリリース
2007年12月21日渋谷AX_12月27日なんばHatchワンマンライブ開催
2008年4月22日〜6月29日、全国33カ所弾き語りツアー開催
2008年12月3日、Single『Baby,it's time』をリリース!
2008年12月22日赤坂BLITZ_12月26日なんばHatchワンマンライブを開催

posted by e+ 出れサマ at 11:00| 2009年の協力アーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする