2010年08月12日

サマソニレポーーーーート!!(2010/8/8分)

JUICEの佐々知香さんによるレポートの続きです。


------------------------------------------------------------


2日目。まずはSONIC STAGEのオープニングアクトをつとめる『white white sisters』を見にいった。
ZEPPがいくつも入ってしまうような大きな会場、広く高いステージ、巨大なスピーカー、バックには
彼らの音楽と絶妙にリンクする映像そして無数のスポットライト。
そんなステージが本当によく似合い、大きく見えた。それらに彩られた彼らのライブは前日も充分に
素晴らしいライブではあったが全く違って聞こえ、多くのオーディエンスを魅了していた。



その後“出れんの!?サマソニ!!”のステージへ向かい、この日の最初は『チープトリップ』。

07-1.jpg

07-2.jpg

いきなりものすごいテンションで客を煽る。
溢れる衝動、思いを全身で表現するギターヴォーカルがステージを降りてきてギターを放り出して暴れ回り、
ステージ上ではベースとドラムも激しい演奏をするなど、もう、激しいを通りこして、イッちゃってる!!
強烈な破壊力に圧倒された。

07-3.jpg



続いての『やまのいゆずる』。

08-1.jpg

08-2.jpg

ブロフィールによると名字は別々だが、「兄弟3人でやってます!」だそう。
バンド名は「韓国語でI LOVEスキヤキ」だそうだ……。
そんな、つかみ所の無いギターヴォーカルと人形のように無表情な女性ベースヴォーカル、サポートDJが生み出す、ゆるゆる、ふわふわとした不思議な世界観。
しかし後半、サポートなのに意表をつくパフォーマンスを魅せたDJに、携帯のビデオカメラで撮影し出す人続出!
サポートなのにそんなに目立つのアリ!?

08-3.jpg



そして『MI-CA-NN』が登場。

09-1.jpg

09-2.jpg

ひたすら真っ向勝負な演奏で真直ぐな思いを伝える。
ここまでパフォーマンスに特徴のある出演者が続いていただけに、新鮮な思い。歌と曲のみでオーディエンスの心を掴んでいた。
まだ10代、結成数ヶ月での抜擢。“柑橘系ロックバンド”と何度も強調していたが、そこはちょっとよくわかりませんでした(苦笑)。

09-3.jpg



続いて『太平洋不知火楽団』。

10-1.jpg

10-2.jpg

ファンが多く駆けつけているようで、冒頭、カウントダウンに合わせての反応からもうイイ感じ!
うねりを感じるサウンド。叫びのような歌。特にベースのプレイとパフォーマンスの激しさに目を見張る。
太平洋の名前の由来はその穏やかさ故だが、彼らのライブは荒れ狂う海のようで、最後にはド肝を抜かれる大津波もあった。

10-3.jpg



その後登場したのは『おもしろ三国志』。

11-1.jpg

11-2.jpg

……衣装スゴッ!!……歴史の教科書に出てきそうな格好の4人が登場。
「これよりサマーソニックの乱を始める」て!(笑)
そして笑いどころ、突っ込みどころ満載の歌詞やパフォーマンス、小道具、MC(命令)、役割分担(!)に抱腹絶倒!!
ほんっとうに『おもしろ』かった!!

11-3.jpg



そしてインストバンド『mississippiroid』は可愛い音なのに迫力の音色のキーボードに爽やかな笑顔で叩く激しいドラム、と、
4つの楽器それぞれが強い自己主張をしながら絶妙に融合し、自然に体が動いてしまうサウンドを繰り広げた。

12-1.jpg

12-2.jpg

12-3.jpg



最後に登場した『栗コーダーカルテット』もインスト。

13-1.jpg

13-2.jpg

大小様々なリコーダー、アコギ、ピアニカ、テューバなど曲ごとに楽器を持ち替えながらアコースティックの優しい調べを織りなす。
癒しの曲を次々に披露。夕暮れにピッタリの癒し空間を演出した。

13-3.jpg




13組全て、1840組の中から選ばれただけあっていずれも魅力的で、彼らがこの貴重な経験を以後の活動にどう生かしていってくれるのか。
今後のそれぞれの活躍にも期待したいと感じた。

P1040075.jpg


(文:JUICE佐々 知香)


posted by e+ 出れサマ at 21:31| 2010年のスタッフ記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サマソニレポーーーーート!!(2010/8/7分)

ついに終わりました。出れんの!?サマソニ!?2010。

当日の模様を、JUICEの佐々知香さんがレポートを寄せてくださいました!
ありがとうございます!佐々さん!!

写真と共に振り返りたいと思います。


------------------------------------------------------------


DSCF4723.jpg

初日、マリンスタジアム前に位置するSIDE-SHOW MARINEの“エンタメ市場(e+)オーディション
〜出れんの!?サマソニ!!〜”ステージに最初に登場したのは『水中、それは苦しい』。

01-1.jpg

01-2.jpg

「マイナス2曲目やります!」とサウンドチェックすら自分達のステージにしてしまう彼らに本番前から心惹かれる。
PAさんにモニターの上げ下げを指示し、「エアコンも上げて下さい!」て。野外ですから!!(笑)
そんな彼らのライブはギターヴォーカルとヴァイオリンとドラムという珍しい編成で、楽曲もそしてMCも期待通り楽しくて、笑いっぱなし!!

01-3.jpg



続いては『THE ラブ人間』。

02-1.jpg

02-2.jpg

これも恐いもの知らず系。優しい曲に乗せて鋭い感性による激情ほとばしるメッセージと激しすぎるパフォーマンス!
客席に突っ込んでいくし! 愛を歌っているとは思えないテンションでした(笑)。

02-3.jpg



そして1MC&1DJ(NY出身!)の『大神:OHGA』。

03-1.jpg

03-2.jpg

大声援! 炎天下、真っ昼間の野外ステージが違う熱も持つノリと盛り上がり!
オーディエンスに外国人が多かったことも本場に匹敵するスキルの現れな気がして印象的だった。

03-3.jpg



続いては『THIS IS PANIC』。

04-1.jpg

04-2.jpg

MCの一人は素肌に白ジャケット、柄タイツ、頭にはバンダナ。
もう一人はオカッパに黒ぶちメガネにスポーツウェア。ベースは水玉シャツでドラムは上半身裸。
そんなバラバラな雰囲気の4人が時に楽器を放り出し、どこか異国の儀式のような怪しいダンスをしたり。
客もどんどん巻き込まれ、呼びかけに応じ、ちょっと距離のあるマリンスタジアムの2階から見てた人も踊り出す!
見てて気持ちいいくらいの求心力でした!

04-3.jpg



そして『white white sisters』。

05-1.jpg

05-2.jpg

“クリマン賞”にも選ばれたため、翌日SONIC STAGEの大舞台も控えた彼ら。
衝動的、ストイックなヴォーカル(&Gt.&Prog.)と荒々しく攻撃的なドラム。
激しさと同時に不思議な浮遊感を持つグルーヴ。
最後にはマイクスタンドもモニターもなぎ倒すなど、終始こびない、人を寄せつけない高貴さのような独特な空気感。
にも関わらず惹かれずにはいられない。
たった2人が放つ音楽のパワーに翻弄された。

05-3.jpg



そしてこの日の最後の出演は『OverTheDogs』。

06-1.jpg

06-2.jpg

自然に体が動いてしまうノリやすい音楽。見てるとこちらも笑顔になってしまうDr.の満面の笑顔。
躍動感溢れるギタープレイ。COOLだけどアツい音色を響かせるキーボード。
優しいハイトーンヴォイスで独特の切り口で思いを伝えるヴォーカル。
どんどん気持ちが引き込まれ、すっかり楽しませてもらった。

06-3.jpg

------------------------------------------------------------


次の記事に続きます!!
posted by e+ 出れサマ at 21:09| 2010年のスタッフ記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする